logo

米、20空港に顔認識システムを計画か--データの扱いに懸念も

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年03月12日 10時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国土安全保障省は、米国民を含む国際線の乗客全員をスキャンする顔認識システムを2021年までに米国の主要な20の空港に設置するため、急ピッチで作業を進めていると報じられている。BuzzFeed Newsの米国時間3月11日の報道によると、この取り組みは、適切な検査や規制上の保護措置なしに進められているという。

空港の顔認識のイメージ
提供:Getty Images

 非営利の研究団体Electronic Privacy Information Centerが入手した346ページの文書をBuzzFeed Newsが精査して報じたところによると、米税関国境警備局(CBP)によって収集された顔認識データを提携航空会社が使用する方法は「無制限」だという。CBPは2018年12月に参加企業と第三者企業によるこのデータの使用を制限したとされているが、その新しい規則がどのように実施されているのかは不明だ。

 CBPは米CNETからのコメント依頼にすぐには応じなかったが、BuzzFeed Newsに対しては、米国を離れる非米国民の写真を最大14日間保持すると述べた。

 広報担当者はBuzzFeed Newsに対し、「空港や航空会社と提携して、迅速かつ確実に機能する安全なスタンドアロンシステムを提供し、このシステムは搭乗手続きに組み込まれるため、CBPは一からすべてを構築することなく旅行体験の革新を促進できる」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]