logo

MS、新しい「Skype for Web」リリース--HDビデオ通話、通話の録音などサポート

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2019年03月11日 12時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftのSkypeチームが新しい「Skype for Web」を発表した。

Microsoft Skype
提供:Microsoft

 Skype for Webには、HDビデオ通話、通話の録音、通知パネルなど、2018年10月にプレビュー版で披露された機能の多くが含まれている。

 現在の会話内でメッセージを検索するためのチャット内検索ボックスや、会話で共有されたファイル、リンク、写真を検索するためのチャットメディアギャラリーも備える。これを利用すれば、チャット履歴をスクロールするよりも時間を節約できるはずだ。

 プレビュー版と同様に、新しいSkype for Webは、「Windows 10」または「macOS Sierra 10.12」以降の「macOS」に対応しており、「Google Chrome」または「Microsoft Edge」の最新版で利用できるとMicrosoftはブログ記事で述べている。

 つまり、Skype for Webは「Chromebook」や、「Ubuntu」などのLinuxマシンに対応しておらず、「Firefox」ブラウザもサポートしていないようだ。

 Skype for Webのプレビュー期間中にも、この制限によって、一部のユーザーはデスクトップアプリケーションをインストールする必要があることを話題にしていた。

 サポート対象のデバイスおよびブラウザ以外を使用しているユーザーには、「サポート対象外のブラウザ」といったエラーメッセージと、EdgeやChromeの使用、またはSkypeアプリのダウンロードを促すメッセージが表示されるようだ。

 Skype for Webは基本的にアプリと同様で、ユーザーはアクティビティステータスの更新やSkypeプロフィールへのアクセス、クレジットの追加、Skype番号の取得、「Settings」(設定)へのアクセスを行うことが可能だ。検索ボックス、ダイヤルパッド、チャット、そのほかのボタンの外観や挙動も同じだ。

 Microsoftの最初のSkype for Webベータ版は2015年公開された。その時点ではChromebookとLinuxもサポートされており、2016年には、スマートフォンと固定電話への通話機能が追加された。

 またMicrosoftは、Windowsデスクトップ向けSkypeバージョン8の最新のMSI再配布版をリリースしている。これは、既存のSkypeバージョン7の再配布版を置き換えるものだ。管理者は新しいMSIファイルをダウンロードして、配布ソフトウェアを使ってSkype 8を組織に展開できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]