logo

ドコモと電通、VR空間で友人と一緒にスポーツ観戦できる配信サービスを試験提供

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2019年03月08日 12時18分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは3月8日、VR技術を活用したスポーツコンテンツ配信サービス「docomo Sports VR powered by DAZN」を、3月8日10時から3月31日23時59分までの期間限定で提供すると発表した。

 このサービスは、ドコモと電通が共同開発した専用アプリ「docomo Sports VR powered by DAZN」(iOS/Android)を導入したスマートフォンやタブレット、VRデバイス(Oculus Go/GalaxyS7以降のGear VR)を使用して、VR空間内のバーチャルVIPルームでスポーツ観戦のライブ・アーカイブを楽しめるサービス。利用するにはdアカウント(無料)でのログインが必要となる。


 任意のタイミングで複数の視点が切り替えられる「マルチアングル視聴」や、リアルタイム更新されるプレー情報を確認しながら観戦できる「スタッツ表示」、アバターを使って友人などと会話しながら観戦体験を共有できる「ソーシャル観戦」、試合の合間に出前注文や電子雑誌が閲覧できる「サービス連携」といった機能が利用できる。

 また、提供コンテンツとして、明治安田生命J1リーグの3試合(3月10日ベガルタ仙台VSヴィッセル神戸、3月17日北海道コンサドーレ札幌VS鹿島アントラーズ、3月30日大分トリニータVSサンフレッチェ広島)を、DAZN Group、日本プロサッカーリーグおよび、Jリーグメディアプロモーションの協力を得て配信する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]