logo

踊るソーシャルロボット「Jibo」がお別れのメッセージ--12月には開発元が資産売却

Justin Jaffe (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2019年03月06日 11時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 踊るロボット「Jibo」は時代に取り残された。CRNのDylan Martin氏の報告によると、製品と同じ名称の開発元Jiboが、サーバを停止され、ロボットたちは元々限られていた知能のほとんどを奪われたという。同氏はTwitterで、Jiboがお別れのメッセージを述べる様子を報告している。

 Jiboの状況は最初から不利だった。899ドル(約10万円)と値段が高いのに、Amazonの「Alexa」や「Google Assistant」に比べてできることは少なかった。確かに、キュートな姿で、ダンスもできた。だが2019年にもなると、それで十分というわけにはいかない。

 Jiboは2014年、マサチューセッツ工科大学(MIT)のCynthia Breazeal博士が「Indiegogo」でクラウドファンディングのプロジェクトとして立ち上げ、同年9月には全額を調達した。これは、最初の「Amazon Echo」がリリースされる2カ月前のことだった。2017年になり、Jiboがようやく発売された。喜ばれはしたが熱烈な歓迎ではなかった。IEEEの記事によると、Jiboは2018年12月に資産を売却したという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]