logo

Twitterの共同創業者エヴァン・ウィリアムズ氏、取締役を退任へ

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年02月25日 11時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterの共同創業者であるEvan Williams氏は米国時間2月22日、同社の取締役を退任することを明らかにした。

Evan Williams氏
提供:Brad Barket / Getty Images

 Williams氏は声明で、「素晴らしい13年間であり、私の在職中にTwitterが成し遂げてきたことを誇りに思う。私は今後も、自分の時間を他のプロジェクトに集中させる中で、チームを応援し続ける」と述べた。

 米証券取引委員会(SEC)への提出書類によると、Williams氏は2月末に退任するという。Twitterにコメントを求めたところ、担当者はWilliams氏の退任に関する当局への提出書類にリンクを張ったツイートを提示した。

 Williams氏は22日、「(取締役会の設置当初から)12年間にわたってTwitterの取締役を務められたことは非常に幸運なことだ。極めて興味深く、勉強になった。苦労しながらやりがいを感じたこともあった」とツイートした。

 Williams氏は2006年、Biz Stone氏、Jack Dorsey氏らとともにTwitterを創業した。Williams氏は、2008年にDorsey氏が最高経営責任者(CEO)を辞任したことを受けてCEOに就任し、2010年まで同職を務めた。Dorsey氏は2015年にCEOに復帰した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]