logo

モンストに次ぐ柱の創出へ--ミクシィとXTech、M&Aで包括連携協定を締結

西中悠基 (編集部)2019年02月07日 17時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミクシィは2月7日、スタートアップスタジオのXTech(クロステック)と、M&Aに関する包括連携協定を締結したと発表した。

 協定の締結は、ミクシィの重点領域における成長加速を目的としたもの。ミクシィは中長期的な投資方針として、事業開発およびM&Aに対し3年から5年で1000億円規模の投資を実施し、新たな事業の柱を構築することを掲げている。ミクシィは今回、XTechをM&Aに関する戦略パートナーとし、両社それぞれのノウハウを掛け合わせることで、M&Aを推進していく。

 投資方針については、デジタルエンターテインメントやメディアなど、ミクシィとシナジーがある領域に重点を置き、上場会社も視野に入れる。また、スタートアップの中でもシード、アーリーステージに特化したファンドを組成し、ベンチャー投資を進めるとしている。

ミクシィ 取締役執行役員CFOの大澤弘之氏(右)
ミクシィ 取締役執行役員CFOの大澤弘之氏(右)

 ミクシィ 取締役執行役員CFOの大澤弘之氏は、「投資によって外部から(事業を)獲得することに加え、スポーツ領域やウェルネス領域にも投資を進める。これらをモンストに次ぐ事業の柱へと成長させ、事業の多層化や経営の安定化に繋げていきたい」と語った。また、 XTech 代表取締役の西條晋一氏は、「IT業界のM&Aでは、仲介業者のマッチング精度の低さや、成立後のPMIが上手くいかないという課題があった。XTechが進めてきた投資ノウハウを活かし、ミクシィの成長戦略に最大限に貢献する」とコメントした。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]