logo

EU、子ども向け独製スマートウォッチの回収を指示--プライバシーを懸念

Catalin Cimpanu (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2019年02月06日 12時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欧州連合(EU)当局は、データプライバシーの問題を理由とする製品の回収を、欧州市場で初めて命じる意向を明らかにした。

提供:Image: European Commission
提供:Image: European Commission

 この製品は、ドイツの電子機器ベンダーENOXが生産している子ども向けスマートウォッチ「Safe-Kid-One」だ。

 ENOXのウェブサイトによると、このスマートウォッチはさまざまな機能を備えるという。そうした機能の中には、内蔵型のGPSトラッカー、同じく内蔵型のマイクとスピーカー、通話とSMSテキスト、「Android」向けモバイルコンパニオンアプリなどがある。アプリを利用すると、親は子どもたちの居場所を追跡して連絡を取ることができる。

 大部分の保護者は、この製品の機能を最近のたいていのスマートウォッチにあるようなものとみなすだろうが、欧州当局はRAPEX(非食品緊急警告システム)のアラートの中で、深刻なプライバシー違反があるとして、エンドユーザーからすべてのスマートウォッチを一斉に回収するよう勧告した。この勧告は最近出されたもので、オランダのニュースサイトTweakersが発見した。

 EUの当局はRAPEXで次のように述べた。「このスマートウォッチに付随するモバイルアプリは、バックエンドサーバとの通信が暗号化されておらず、サーバはデータへの認証されていないアクセスを可能にしている。結果として、位置情報の履歴、電話番号、シリアル番号などのデータを簡単に取得したり変更したりできる」

 「悪意あるユーザーは任意のスマートウォッチにコマンドを送信し、指定した別の番号に発信させることができる。また、デバイスを装着している子どもと通信したり、GPSを通じて子どもの居場所を特定したりできる」(EUの担当者)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]