logo

MS「Xbox Live」、「iOS」「Android」「Switch」とクロスプラットフォームに--GDCで披露へ

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年02月04日 12時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「Xbox Live」に、ほかの人気ゲームプラットフォームのプレーヤーをつなぐ機能のサポートが近く追加されるようだ。最近発表されたゲームカンファレンス「Game Developers Conference(GDC)」のスケジュールで、この待望の機能が明らかになった。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 GDCで行われるセッションの説明文によると、Microsoftは3月にこのカンファレンスで、「iOS」「Android」「Nintendo Switch」のゲーマーがMicrosoftのソーシャルゲームハブでプレイできるようにするソフトウェア開発キットを披露する意向のようだ。

 説明文には、「ゲーム開発者がXboxと『Windows』PCの『Microsoftストア』のすべてのゲームに加えて、iOS、Android、SwitchのプレーヤーをつなぐことができるようにするSDKの初披露を見てほしい」と書かれている。このSDKにより、「自分のコミュニティーをプラットフォーム間でより自由に交流させたいと考えている開発者は障壁を取り除くことができる」。

 今から4年近く前、Xbox LiveをiOSやAndroidのゲームとつなぐ可能性を示唆する求人情報が掲載された。こうしたクロスプラットフォーム機能が実現すれば、Xbox Liveは現在のソーシャルゲームの選択肢に代わる、より魅力的なサービスになるかもしれない。

 セッションの説明文では、この機能が一般提供される時期は明らかにされていない。米CNETはMicrosoftにコメントを求めたが、回答は得られていない。

 Game Developers Conferenceはサンフランシスコで米国時間3月18~22日に開催される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]