logo

フリマアプリ「ラクマ」、家事代行や出品代行サービスと連携--引っ越しシーズンに向け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は1月29日、同社が運営するフリマアプリ「ラクマ」において、ベアーズが提供する家事代行サービス「ベアーズ」、Spiceが提供する出品代行サービス「トリクル」と連携すると発表した。

キャプション

 今回の連携では、3〜4月の引っ越しシーズンに向けた取り組みとして、片付けおよび、代理出品を一括で提供するサービス「【ベアーズ×ラクマ×トリクル】楽ラクお助け隊」の受け付けを開始する。受け付け期間は1月29日から4月30日まで。提供期間は2月10日から5月31日まで。提供エリアは東京23区内。

 このサービスは、出品前の片付け・出品・取引の手間を解消するため、家の片付けと出品を代行するもの。家事代行ベアーズの家事代行スタッフが、自宅に行き、要望に応じた片付けを実施。片付けにあたって発生した売りたいアイテムを、出品代行トリクルにより順次ラクマに出品する。

 利用料金は、3時間で税別1万7900円(スタッフ2名)。延長は、30分ごとに税別3800円。スタッフの交通費として税込1800円がかかる。また、トリクル出品代行手数料は、売上の30%+購入者への送料となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]