logo

アップル、サムスンSDIの元SVPをバッテリ開発幹部に採用

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年01月25日 10時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleがバッテリ技術開発の担当者として、サムスンの元幹部を採用した。

提供:Jaap Arriens/NurPhoto via Getty Images
提供:Jaap Arriens/NurPhoto via Getty Images

 LinkedInのプロフィールによると、バッテリを製造するサムスン関連会社のサムスンSDIの元シニアバイスプレジデントであるSoonho Ahn氏は2018年12月にAppleに入社したと、Bloombergが米国時間1月24日に報じた

 Ahn氏のプロフィールによると、Appleでの新しい肩書きはバッテリ開発担当グローバルヘッド。

 同氏は2015年4月から2018年12月までサムスンSDIに在籍していた。サムスンSDIに入社する前に、エンジニアリングの教授やLG Chemの幹部を務めた経験もある。

 サムスンSDIはAppleにリチウムイオンバッテリを供給しているが、このような人目を引く雇用は、Appleがサードパーティーのバッテリの使用をやめようとしている可能性を示唆するものだと、Bloombergは指摘した。

 Appleは2018年3月、将来のデバイスに向けてMicroLEDディスプレイを独自に開発していると報じられた。現在、同社製品のディスプレイは主にサムスンとLGから供給を受けている。

 Appleとサムスンはいずれもコメントの依頼にすぐには応じなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]