logo

スペースマーケット、総額約8億5000万円の資金調達を実施

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スペースマーケットは1月23日、既存および新規引受先を相手とする第三者割当増資と、金融機関からの融資により、総額約8億5000万円の資金を調達したと発表した。

既存および新規引受先
既存および新規引受先

 スペースマーケットは、あらゆるスペースを1時間単位から貸し借りできるプラットフォームを運営。今回の調達資金は、場所を貸す・借りる、どちらのシーンにおいても、「時間貸し」をもっと当たり前の選択肢の一つとなるよう、事業拡大に充てるとしている。

 既存引受先については、マイナビ、オプトベンチャーズ、みずほキャピタル、SBIインベストメントの4社に、個人投資家として千葉功太郎氏が含まれ、金融機関は三菱UFJ銀行と発表した。

 新規取引先については、東京建物、JTB、XTech Venturesに加え、広域ちば地域活性化ファンドとして千葉銀行、ちばぎんキャピタル、REVICキャピタルを発表。非公開の投資ファンド1社については、提携内容と共に2月以降に発表予定するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]