logo

マイクロソフト、シアトルで住宅整備などに約540億円を拠出へ

Aloysius Low (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年01月18日 12時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが、5億ドル(約540億円)を手頃な住宅が不足する問題の対策に充てる。

 Microsoftは米国時間1月16日、ワシントン州シアトルのピュージェット湾岸地域で低中所得層向けの手頃な価格の住宅の整備などに資金を使う計画を発表した。

 MicrosoftのプレジデントであるBrad Smith氏は、The Seattle Timesの記事の中で、低中所得層の労働者は「学校でわれわれの子どもたちに勉強を教え、住宅の消火活動を行い、病院で命を守ってくれている」人たちだと述べた。

 2億2500万ドル(約240億円)は中低所得層向けの住宅の整備や建設、2億5000万ドル(約270億円)は低所得層向けの住宅の支援に充てられる。2500万ドル(約27億円)はホームレス支援の助成金などに充てられる。

 米CNETがMicrosoftにコメントを求めたところ、ブログ記事を参照してほしいとのことだった。

提供:Stephen Brashear/Getty Images
提供:Stephen Brashear/Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]