logo

ビジネスチャットの「Chatwork」、「サイボウズLive」のデータインポートに対応

佐藤和也 (編集部)2019年01月11日 15時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Chatworkは1月11日、同社が展開しているビジネスチャット「Chatwork」について、サイボウズが提供している無料グループウェア「サイボウズLive」からのデータインポートに対応したと発表した。

 サイボウズLiveは、企業外で使う「セカンドグループウェア」というコンセプトのもと、さまざまなコミュニティの情報共有プラットフォームとして利用されていたが、システムの老朽化などを理由に、4月15日に終了することを告知している。

 Chatwork側では、サービス終了の発表時に、データインポート機能の提供を予告していた。今回の対応により、ユーザーはサイボウズLiveの掲示板のスレッドデータをChatworkにインポートし、過去のサイボウズLive上でのやり取りを、Chatworkで検索することができるようになる。

 なお移行可能なデータは、掲示板の一括エクスポートデータのみ。掲示板に添付された添付ファイルは自動移行ができないため、手動でのダウンロードとアップロードが必要になるという。また、フリープランユーザーと有料プランユーザーでは、Chatworkにインポートしたスレッドデータがグループチャット上に反映される仕様が異なるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]