logo

Facebookのザッカーバーグ氏、2019年の抱負は「社会におけるテクノロジの未来を議論」

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2019年01月09日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの共同創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるMark Zuckerberg氏は米国時間1月8日、2019年の個人的な課題は「社会におけるテクノロジの未来、具体的には機会、課題、希望、不安などについて、公開ディスカッションのホスト役になる」ことだと述べた。

 世界最大のソーシャルネットワークを率い、テクノロジ界で大きな影響力を持つ34歳のZuckerberg氏は、さまざまな分野のコミュニティのリーダーや専門家、人々と話をして、そうした議論の内容をFacebookやInstagramなどのメディアで共有していく計画だとしている。

Mark Zuckerberg
提供:James Martin

 Facebookは2018年、終わりの見えないような複数のスキャンダルに見舞われた。Zuckerberg氏に話したいことが山ほどあるのは明らかだ。

 Zuckerberg氏はFacebookへの投稿で次のように述べた。「私はエンジニアであり、以前はただ自分の考えを組み立てて、それだけで大体は自ずと分かってもらえると期待していた。しかし、当社がやっていることの重要性を考えると、それだけではもううまくいかない」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]