logo

セグウェイ、配達ロボット「Loomo Delivery」発表--オフィスなど短距離向け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Segway-Ninebotは、オフィス内で必要とされる程度の物品配送や、レストランからの食品配達など、比較的小さな荷物の短距離配達向け自律走行ロボット「Loomo Delivery」を発表した。同時に、都市部などで広まっている電動キックスクーターのシェアリングサービス用にデザインしたキックスクーター「Shared Scooter Model Max, Powered by Segway」の発表も行った。

短距離の配達を自動実行するロボット(出典:Segway-Ninebot)
短距離の配達を自動実行するロボット(出典:Segway-Ninebot)

 Loomo Deliveryは、オフィスの袖机のような形状をした自走型ロボット。3段ある引き出しに入れた荷物を、自律走行して配達先へ届けられる。目的地までの移動は、障害物を避けながら自動実行される。

オフィス内やフードデリバリーなどの用途に(出典:Segway-Ninebot)
オフィス内やフードデリバリーなどの用途に(出典:Segway-Ninebot)

 周囲の状況を映像から把握する独自開発の3D対応Simultaneous Localization and Mapping(SLAM)技術を採用しており、単眼カメラだけでセンチメートル単位の正確な位置特定が可能という。都市部の歩道やビル内の廊下のような、人の多い場所でも利用できるとしている。

 Shared Scooter Model Maxは、シェアリングサービスでの利用を想定した立ち乗りタイプのモビリティデバイス。信頼性と耐候性を高めており、事業者はサービス運営とメンテナンスにかかるコストを削減できるうえ、1台のデバイスを長期間使い続けられるという。さらに、Segway-Ninebotは事業者の求めるカスタマイズに応じる。

シェアリングサービス向け電動キックスクーター(出典:Segway-Ninebot)
シェアリングサービス向け電動キックスクーター(出典:Segway-Ninebot)
都市部での利用を想定(出典:Segway-Ninebot)
都市部での利用を想定(出典:Segway-Ninebot)

 Segway-Ninebotは、米国ネバダ州ラスベガスで開催される家電見本市Consumer Electronics Show(CES)2019に、Loomo DeliveryとShared Scooter Model Maxを出展する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]