logo

ニコン、LiDAR開発の米Velodyne LiDARに27億円を出資--技術開発や製造などで協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコンは、自動運転車などで利用される距離計測センサのLiDAR(ライダー)を開発、製造する米国企業のVelodyne LiDARに対し、2500万ドル(約27億6075万円)出資した。両社は、技術開発と製造で協業するほか、事業展開でも協力する考え。

Velodyne LiDARの本社(出典:Velodyne LiDAR)
Velodyne LiDARの本社(出典:Velodyne LiDAR)

 LiDARとは、レーザー光線を照射し、どの方向のどれだけ離れた位置に物体があるか検知するためのセンサ。周囲の状況を把握しなければならない自動運転車にとって、必要不可欠なデバイスだ。

自動車の上部にあるLiDAR(上)、Velodyne製LiDAR「Alpha Puck」(下左)(出典:Velodyne LiDAR)
自動車の上部にあるLiDAR(上)、Velodyne製LiDAR「Alpha Puck」(下左)(出典:Velodyne LiDAR)

 Velodyne LiDARは、カリフォルニア州サンノゼに本社を置くLiDAR企業。同社によると、ニコンの持つ光学技術および精密技術をVelodyne LiDARのセンサ技術と組み合わせ、幅広いビジネス領域での関係構築を検討していくという。

 両社の技術が応用可能な分野は自動運転車にとどまらず、ロボットや地図、セキュリティ、ドローンといった幅広い用途に適用できるとしている。

Velodyne製LiDAR「VLS-128」の紹介ビデオ(出典:Velodyne LiDAR/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]