logo

マスク氏のSpaceXとベゾス氏のBlue Originがいずれもロケット打ち上げ延期

Eric Mack (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年12月20日 12時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Jeff Bezos氏のBlue OriginとElon Musk氏のSpaceXは米国時間12月18日、約数分違いのタイミングで両社のロケットを打ち上げる予定とされていたが、ほぼ同じ1時間の間に、両社ともミッションを延期することになった。

 米空軍のGPS衛星を搭載したSpaceXの「Falcon 9」ロケットは、フロリダ州ケープカナベラルから打ち上げられる予定だったが、搭載されたフライトコンピュータにエラーが発生したため、発射のわずか数分前に中止が決定された。

 Blue Originは、米航空宇宙局(NASA)の支援する実験の機材を搭載した「New Shepard」ロケットをほぼ同時刻にテキサス州西部から宇宙に打ち上げる予定だった。しかし、発射の約30分前になって、Blue Originは「地上インフラストラクチャの問題」により、その日の打ち上げを中止したことを発表した。

 SpaceXはFalcon 9の打ち上げ時刻を米国東部標準時間12月19日午前9時7分に設定し直した。Blue Originは気象条件が良好なら、21日に打ち上げを試みることを検討しているが、時間帯はまだ発表していない。

Blue Origin
提供:Blue Origin

 億万長者らが率いる商業宇宙事業の覇権をめぐる争いにおいて、今回の一件は一時的な中断にすぎない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]