logo

セブン‐イレブンとNEC、省人型店舗をオープン--顔認証による決済対応

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セブン‐イレブン・ジャパンと日本電気(NEC)は12月17日、マイクロ・マーケット(小規模商圏)への本格的な展開を目的として、初の「省人型店舗」となる「セブン‐イレブン三田国際ビル20F店」をオープンすると発表した。

キャプション

 同取り組みは、昨今ニーズが高まっているオフィスビルや病院、工場など、マイクロ・マーケットと呼ばれる商圏に、NECのAI・IoTなどの先進技術を導入したセブン-イレブン店舗を出店し、実証実験を行っていくものとなる。

 なお同店舗には、NECとして国内初導入となる「顔認証による決済」(社員証決済にも対応)をはじめ、「ターゲット広告サイネージ」(顔画像から年齢・性別を推定し、ターゲットに合わせた広告を表示)など、利用者の快適・便利を支えるシステムを備えている。

 また、コミュニケーション・ロボット「PaPeRo i」による顔認識を活用し、属性に応じたおすすめ商品を提案する接客支援。顔情報で認証を行い、自動ドアを開けるウォークスルー顔認証による入店などにも対応する。

 さらに、冷蔵庫の設備情報を24時間自動収集して安定稼働をサポートする「設備の稼働管理」や「AIを活用した発注提案」、映像解析によるエリア検知(遠隔での売場確認や特定エリアへの侵入検知)など、従業員を支えるシステムを活用しており、店舗の省人化を図っているという。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]