logo

「最悪のパスワード」ランキング、6年連続で「123456」が1位

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年12月17日 15時39分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 安全性の低いパスワードを使用している人々がまだまだ多いようだ。

 セキュリティソフトウェア企業のSplashDataは米国時間12月13日、毎年恒例となっている「最悪のパスワード」上位100のリストを公開した。今回も、かなり分かりやすい、ひどいパスワードがランクインしている。第1位は、お察しの通り「123456」で、第2位は、そう、「password」だ。この2つは6年連続でそれぞれ1位と2位にランクインしている。

 今回新たに上位100にランクインしたのは、「princess」(11位)、「666666」(14位)、「donald」(23位)など。

SplashData
提供:Getty Images

 「大統領閣下、申し訳ありませんが、これはフェイクニュースではありません。よくある名前をパスワードに使用するのは、安全を脅かす決断なのです」と、SplashDataの最高経営責任者(CEO)のMorgan Slain氏はリリースで述べた。「ハッカーたちはセレブの名前、ポップカルチャーやスポーツの用語、シンプルなキーボードの入力パターンを利用して、オンライン上でアカウントへの不正侵入に多大な成功を収めている。非常に多くの人々が覚えやすい組み合わせをパスワードに使用していることを、ハッカーたちは分かっている」(同氏)。

 SplashDataは、主に北米と西欧のユーザーが使用した、500万以上の流出したパスワードを分析してリストを作成した。同社は、およそ10%のユーザーが少なくとも上位25のパスワードのうちの1つを使用し、およそ3%が「123456」を使用していると推定している。

 「リスクもすべて知れ渡っていて、大手ホテルチェーンのMarriot全国共和党下院委員会(NRCC)へのハッキングのように大きく報道された事件が非常に多くあるにもかかわらず、人々が年々いまだにハッキングのリスクに身をさらしていることは本当に理解しがたい」と、Slain氏は述べている。

 ひどいパスワードを選ぶことにおいて、セレブや官僚が例外ではないことも、パスワード管理ツール企業のDashlaneが12月12日に発表したリストによって明らかになっている。同社が発表した、パスワードを正しく使用していない人や団体のランキング「Worst Password Offenders」で首位になったのは、ミュージシャンのKanye Westさん。Westさんは10月にDonald Trump米大統領と会談した際、「000000」のパスコードで自身のiPhoneのロックを解除したところを取材に集まっていたTVカメラに捉えられ、パスコードが全世界に知られることになった。

 SplashDataによる、「最悪のパスワード」上位25は以下の通り。

  1. 123456
  2. password
  3. 123456789
  4. 12345678
  5. 12345
  6. 111111
  7. 1234567
  8. sunshine
  9. qwerty
  10. iloveyou
  11. princess
  12. admin
  13. welcome
  14. 666666
  15. abc123
  16. football
  17. 123123
  18. monkey
  19. 654321
  20. !@#$%^&*
  21. charlie
  22. aa123456
  23. donald
  24. password1
  25. qwerty123

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]