logo

アドビ、「Creative Cloud」などの価格を改定へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビは12月14日、クリエイティブプラットフォーム「Creative Cloud」、ドキュメントプラットフォーム「Document Cloud」、eラーニング向けオーサリングソフト「Adobe Captivate」の3製品群について、価格を改定すると同社ブログにて発表した。

 月額料金など詳細については、Adobe.comから購入したサブスクリプションの契約者に対し、2019年1月9日に発表予定。2月初旬から新規ならびに契約更新時の価格に順次適応されるという。以降、契約更新1カ月前に配信されるメールでも新規価格を案内する。

 同社では、PhotoshopやIllustratorなどこれまでパッケージで販売していた「Creative Suite」から、サブスクリプションベースとしてクラウドと融合したCreative Cloudに2013年より移行している。ブログには、改定理由として「今後も⾰新的で世界最⾼クラスの製品ならびにサービスの開発を続け、より価値の⾼いソリューションとデジタル体験を提供し続けていくため」としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]