logo

e☆イヤホン、年末年始売れ筋完全ワイヤレスイヤホン10選

加納恵 (編集部)2019年01月04日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メモリ内蔵でアクティブに使える全部入りモデル--ソニー「WF-SP900」

 イヤホン本体に4GBの内蔵メモリを備えた音楽プレーヤー機能搭載モデル。バランスドアーマチュアドライバを備え、中高域がすっきりとして聞きやすい。販売価格は2万5000円前後と高めながら、店頭でも高い人気を誇る。

 IP65/IP68相当の防水防じん性に加え、環境音や人の声を取り込める「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」も装備。スマホなしでも音楽再生できるため、ジムなどでも使いやすく、スポーツ使用時に重宝されているようだ。Bluetooth 4.0対応で、通信性能も良い。
Scroll Right Scroll Left

メモリ内蔵でアクティブに使える全部入りモデル--ソニー「WF-SP900」

 イヤホン本体に4GBの内蔵メモリを備えた音楽プレーヤー機能搭載モデル。バランスドアーマチュアドライバを備え、中高域がすっきりとして聞きやすい。販売価格は2万5000円前後と高めながら、店頭でも高い人気を誇る。

 IP65/IP68相当の防水防じん性に加え、環境音や人の声を取り込める「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」も装備。スマホなしでも音楽再生できるため、ジムなどでも使いやすく、スポーツ使用時に重宝されているようだ。Bluetooth 4.0対応で、通信性能も良い。

 2017年に引き続き、数多くのモデルが登場した完全ワイヤレスイヤホン。ケーブルレスの左右独立型が“当たり前”になった2018年は、「外音取り込み」「心拍計測」など、高機能な新モデルも続々と登場した。

 年末年始の売れ筋モデルを中心に、2019年も注目を集めそうな完全ワイヤレスイヤホンは何か。ポータブルオーディオの専門店であるe☆イヤホン秋葉原店の横尾泰輝氏に紹介してもらった。

e☆イヤホン秋葉原店の横尾泰輝氏
e☆イヤホン秋葉原店の横尾泰輝氏
メモリ内蔵でアクティブに使える全部入りモデル
見た目以上の装着感で安心した使い勝手
街中でも安定して使える優れた通信性能
元祖完全ワイヤレスの第2世代機は音質、機能性に定評あり
音質バランスに優れたスポーツ用
DACとアンプを内蔵した音質重視設計
耳の小さな人には特におすすめ、モニターライクなチューニング
わずか4.5g軽量モデル、再生音はパワフル
ダイナミックとBAのハイブリッドで立体的な音質再現
しっかり装着できる耳掛けモデル

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]