logo

ヤマハ発動機、東南アジア最大手の配車サービス「Grab」と業務提携--約170億円出資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハ発動機は12月13日、東南アジア最大手の配車サービスを手がけるGrab Holdingsと、インドネシアを中心とした東南アジア地域における二輪配車事業に関する戦略的業務提携に合意したと発表した。また、Grabに対して、1.5億ドル(約170億円)を出資する。

キャプション

 Grabは、東南アジアで最も多く利用されるモバイル配車サービスのひとつ。1億2500万台以上のモバイル端末にダウンロードされ、ユーザー数は800万人以上だという。また、2012年のGrab創業以来、25億回以上の利用があり、カバーエリアは8カ国、235都市に拡大。今では、配車サービスだけでなく、フードデリバリーや宅配サービスなども提供しているという。

 今回の提携では、ヤマハ発動機が持つ二輪車の安全に関する技術やノウハウを活用することで、二輪配車サービス需要に対し、安全・安心を見える化。サービス利用者の満足度向上を目指すほか、二輪配車サービス従事者(二輪タクシードライバー)や検討者に対して、二輪車購入のハードルを下げるスキームの構築などに取り組む。

 今回の提携は、ヤマハ発動機が12月11日に発表した2030年長期ビジョンの一環。「ART for Human Possibilities」を旗印に、「ロボティクス技術活用」、「社会課題へのヤマハらしい取り組み」、「モビリティの変革」を推し進めるという。また、Grabが持つ東南アジアにおける顧客基盤および、二輪配車事業に関する知見を活用し、今後の製品開発に生かすとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]