logo

金属部品のマッチングサービス「CADDi」が約10億2000万円を調達

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年12月14日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 金属加工品の受発注プラットフォーム「CADDi」を運営するキャディは12月14日、DCM Ventures、WiL、グローバル・ブレイン、グロービス・キャピタル・パートナーズおよび、個人投資家から、総額約10億2000万円の資金を調達したと発表した。

キャプション
金属加工品の受発注プラットフォーム「CADDi」

 同社は、独自開発の原価計算アルゴリズムに則った自動見積もりシステムによって、品質・納期・価格が最も適合する会社とのマッチングを可能にする金属加工品の受発注プラットフォームCADDiを2017年11月から提供している。

 3D CADデータをアップロードし、数量や材質、塗装などのパラメータを指定すると、それに基づいて価格と納期が約7秒で算出・表示されることが特徴。発注側に対しては、低価格で高品質な加工品の安定発注を可能にし、受注側である加工会社に対しては、相見積もりによる失注をなくし、安定的に案件を提供できるとしている。

キャプション
サービスのイメージ

 CADDiの利用社数は2000社を超えており、全国の提携加工会社数は約70社に達したという。今後、さらなる事業拡大を図るべく、調達した資金は開発および人材採用に充てることで、組織基盤の強化に取り組むという。また、現在の主な取り扱いは国内約4兆円の市場規模を持つ板金加工品だが、2019年春には同程度の市場規模を持つ金属や樹脂の切削加工品にも対応する予定。

 さらに受発注の領域にとどまらず、製造業の設計から製造、物流、販売までのバリューチェーン全体を支えるプラットフォームを構築し、2021年にアジアナンバーワンの加工品取扱量を誇るサービスを目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]