logo

ドコモ、飲食店予約「トレタ」に30億円を出資--スマホ予約サービスを開発へ

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年12月10日 18時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは12月10日、レストラン・飲食店向け予約管理システム「トレタ」を運営するトレタとの業務・資本提携に合意したと発表した。トレタに30億円を出資し、トレタの既存株主から一部株式を譲り受ける。

 トレタは、飲食店向け予約・顧客台帳サービスを展開しており、これまでに約1万2000店舗に導入されているという。また同社は11月に、飲食事業者向けITサービスの有志企業と「無断キャンセル対策推進協議会」を設立。無断キャンセルの発生予防・対策に特化したアプリ「トレテル」(iOS)の提供を開始している。

レストラン・飲食店向け予約管理システム「トレタ」
レストラン・飲食店向け予約管理システム「トレタ」

 今回の資金調達により、トレタの累計調達額は61.3億円となる。この株式には、NTTドコモ・ベンチャーズの保有分も含まれる。NTTドコモ・ベンチャーズは、2016年9月にトレタへ出資しており、今回の提携成立を機に株式譲渡に至ったという。

 両社は今後、トレタが培った飲食店向けサービスのノウハウと、ドコモの「dグルメ」やグループ会社であるABCクッキングスタジオなどで培ったサービスのノウハウを活用し、さまざまな事業を展開するという。

 具体的には、トレタの一層の普及のほか、スマートフォンから飲食店の予約、メニュー注文、決済までをワンストップで完結できる新たなサービスの提供(2019年度開始予定)。さらに、飲食店で使えるスマホ決済サービス「d払い」や、ポイントプログラム「dポイント」の導入を推進していくという。

 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]