logo

グーグル、メッセージアプリ「Allo」を終了へ--「Messages」などにフォーカス

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年12月07日 09時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Allo」を終了することを正式に発表した。Alloは、Appleの「iMessage」やFacebookの「チャット」、「WhatsApp」に競合するメッセージアプリだ。Googleは2018年に入り、Alloへの投資を中断していた。

 Googleは米国時間12月5日、Alloは3月まで利用可能だと述べた。ユーザーは3月まで、既存の会話履歴をエクスポートすることができる

 Googleのブログ記事には、「Alloから多くを学んだ。特に、『Google Assistant』のような機械学習機能をメッセージに組み込むことで何が可能になるかを学んだ」と書かれている。

 今後は、「Android」ベースのメッセージングアプリ「Messages」に注力する。またGoogleは、グループチャット用の「Hangouts」とビデオチャット用の「Duo」のサポートを継続する。

 Googleのブログ記事によると、「Alloで学んだ知識を取り入れて、Messagesをさらに改良する準備ができている」という。「一般ユーザー向けのMessagesとDuoと、チームのコラボレーション向けの『Hangouts Meet』にフォーカスし直すことで、よりシンプルで統一されたコミュニケーション体験をすべてのユーザーに提供することに注力していく」(Google)

Google Allo
提供:Jason Cipriani/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]