logo

Automagi、ドコモのAIシステムの開発を支援--映像から運転中の“居眠り”を検知

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年12月05日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 深層学習(ディープラーニング)による画像解析の技術などを強みとするAutomagiは12月5日、AIを活用して映像から居眠り運転を検知する、NTTドコモのシステムの開発を支援したと発表した。

 ドコモは、自動車の運転中に事故を引き起こす要因のひとつである居眠り運転を防止するため、スマートフォンのカメラで運転者の映像を撮り、居眠りの予兆を映像から判断するシステムを開発した。運転者の居眠りを分析するソリューションは、専用のドライブレコーダーなどの端末が必要となるケースがほとんどだが、同システムは運転者が使用しているスマートフォンに専用アプリをインストールだけで、居眠りの分析が可能になるという。

居眠り運転を検知するAIシステム
居眠り運転を検知するAIシステム

 居眠りを防ぐためにアプリから定期的に音声による呼びかけや長時間運転時に休憩を促す機能のほか、居眠りを検知した場合はスマートフォンから大きなブザー音を鳴らして運転手の注意を換気し、さらに運転者の会社や家族にSMSで通知する機能も備えた。

 Automagiは、同システムの開発を担当し、画像・映像解析AIソリューション「AMY Insight」によるカメラの映像から、目の瞬きや姿勢などの分析、スマートフォンのアプリを含めた開発全般を担当したという。

 なお同社は、洗剤や歯磨き粉の大手メーカーであるライオンが持つデータや知見をもとに、口腔の状態をチェックできる技術の開発支援を10月に発表している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]