新4K8K衛星放送開始で画質、音質が別世界へ--「ぜひ視聴したいは11.2%」 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4K放送を視聴したい人は42.1%、4Kチューナーが必要なことを知っている人は24.8%

 セレモニーでは、A-PABが11月に実施した4Kおよび8K放送に関する最新の調査結果も発表された。全国5000人を対象にウェブ調査を実施したもので、認知度や視聴意向は、いずれも9月の調査に比べて増えている。

 同調査によると、4Kという言葉を知っている人は、87.2%(知っている63.2%、知っているような気がする24.0%)。9月調査の86.3%から若干増えた。また、8Kについては、62.2%(知っている42.6%、知っているような気がする19.6%)となった。

 4K放送を視聴したい人は、42.1%(ぜひ視聴したい11.2%、まあ視聴したい30.9%)、8K放送を視聴したい人は37.8%(ぜひ視聴したい10.2%、まあ視聴したい27.6%)となった。

 4K対応テレビに加えて、4Kチューナーが必要であることを知っている人は24.8%となり、4K対応テレビ所有者では、48.1%が知っていると回答している。

 また、新たに4Kチューナーが必要であることを知っている人の情報入手経路では、インターネットで知った人が38.2%と最も多く、次いでテレビ、電気店店頭となっている。

4K8K放送の認知度
4K8K放送の認知度

  なお、4Kチューナー内蔵テレビは、シャープ、三菱電機、東芝映像ソリューション、ピクセラの4社が発売。ハイセンスジャパンおよびLG電子ジャパンが製品を発表。パナソニックとソニーが商品化の意向を明らかにしている。8Kチューナー搭載テレビは、シャープが発売している。さらに、富士通が4Kチャーナー搭載パソコンを発売している。

 4Kチューナーは、ピクセラ、パナソニック、ソニービジュアルプロダクツ、東芝映像ソリューション、シャープ、アイ・オー・データ機器、船井電機が発売。マスプロ電工とDXアンテナが製品を発表している。8Kチューナーはシャープが発売している。

 4Kチューナー内蔵レコーダーは、パナソニックとシャープが発売。ピクセラが製品を発表済みだ。また、4Kチューナー内蔵CATVセットトップボックスは、ヒューマックスジャパン、パナソニック、テクニカラー・パイオニア・ジャパンが発売している。

新4K8K衛星放送対応受信機の状況
新4K8K衛星放送対応受信機の状況
新4K8K衛星放送対応受信機の状況
新4K8K衛星放送対応受信機の状況
メーカー各社から発売されるテレビやチューナーも展示された
メーカー各社から発売されるテレビやチューナーも展示された
午前10時前は各局ともにカラーバー、チャネルロゴなどが映されていた
午前10時前は各局ともにカラーバー、チャネルロゴなどが映されていた

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]