logo

LayerX、日本マイクロソフトとブロックチェーン分野で協業--GunosyとAnyPayの合弁会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GunosyとAnyPayの合弁企業であるLayerXと日本マイクロソフトは11月30日、ブロックチェーン分野において協業を開始すると発表した。

 日本マイクロソフトでは、2016年に「Microsoft Azure」上でブロックチェーンインフラの構築を支援するBaaS(Blockchain as a Service)の提供を開始。ナスダックの「Nasdaq Financial Framework」など、すでに国内外で多くの企業が利用している。

 LayerXは、ブロックチェーン技術の研究やシステムの開発、コンサルティングを展開。ブロックチェーンのインフラ基盤を持つ日本マイクロソフトと、技術開発力をもつLayerXが連携することで、企業へのブロックチェーン技術導入に対して、コンサルティングから実装までをスムーズに支援するという。

 両者では、ブロックチェーン技術の導入により、システムやサービスなどの停止時間がゼロになるゼロダウンタイム運用が可能なほか、改ざん耐性が高いデータの共有による監査の透明化・効率化、スマートコントラクトによる業務フローの自動化・省コスト化といったメリットを挙げている。しかし、ブロックチェーンの活用に知見を持たない企業の声が多く、関心のある顧客ごとの事業領域やサービスに対してコンサルティングから開発・実装までをサポートする。

 日本マイクロソフトでは、Azureベースのブロックチェーンプラットフォームの提供に加え、エンタープライズ市場におけるブロックチェーン導入企業を開拓。LayerXでは、ブロックチェーン技術を導入するためのコンサルティングや設計、開発などを技術的にサポートする。さらに、両社でブロックチェーン技術の普及に向けた施策も検討、実施するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]