logo

デル、セキュリティ侵害を公表--広範な影響はない見込み

Catalin Cimpanu (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年11月29日 13時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dellは米国時間11月28日、同社のシステムが9日にセキュリティ侵害を受けたと発表した。

 Dellによると、「Dell.comの顧客情報をシステムから窃取しようとする」不正な動きを検知し、排除したという。この情報は、同社の顧客の氏名と電子メールアドレス、ハッシュ化されたパスワードに限られる。

 同社は28日のプレスリリースで、「この情報の一部がDellのネットワークから削除された可能性はあるが、当社の調査では、何らかの情報が抜き取られたことを示す決定的な証拠は見つかっていない」と述べた。

 同社は米ZDNetに送った声明の中で、この件を引き続き調査していると述べたが、侵害は広範囲に及ぶものではないとした。侵入が発生した日のうちに同社のエンジニアが検知したためだという。Dellの広報担当者は、影響を受けたアカウントの数について、「全くない可能性があるのに潜在的な数字を公表するのは軽率だ」として明らかにしなかった。

 同社によると、決済カード情報などのセンシティブな情報は標的になっていない。また、侵害を受けた際にもその後にも、同社の製品やサービスへの影響はなかったという。

 Dellは不正な動きを検知した後、顧客アカウントのパスワードリセットなどの対策を講じている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]