logo

Facebookには「黒人問題」が存在する--退職した元幹部がメモを公開

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年11月28日 12時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの元マネージャーが11月に入ってFacebookの全従業員に送ったメモを米国時間11月27日に公開した。そのメモでは、同ソーシャルネットワークの「黒人問題」が詳しく説明されている。

 11月8日に全従業員にメモを送った直後、Mark Luckie氏はFacebookを退職した。Luckie氏のメモによると、黒人の方が日常的にFacebookを使って家族や友人とコミュニケーションをとることが多い傾向があるのに、同プラットフォーム上に「安全な空間」を作り出す彼らの取り組みはヘイトスピーチとして報告され、その結果、コンテンツが予告なく削除されたり、一部利用者のアカウントが無期限に停止されたりしているという。

 さらに、(Facebookは数字やランキングなどのデータに基づいて物事を結締するため)少数派グループはシステム的にコミュニケーションから除外されがちで、このことはリソース配分やFacebookが後援する業界イベント、外部プログラムのゲストリストなどにも反映されているという。Facebookの黒人従業員は、非黒人従業員が自分の考えを提示する方法と「異なるやり方で自分の考えを提示しただけ」で、非黒人のチームメンバーから「敵対的」または「攻撃的」と評される、とLuckie氏は述べた。

 人事部門に相談しても「行き詰まることが多い」とLuckie氏は言う。問題を抱えた黒人従業員が人事部門に相談に行っても、人事部門は「こうした失望のパターンは、想像から作られた話」だと従業員に思い込ませ、従業員の側ではなくマネージャーを守る傾向があると同氏は記している。

 LinkedInのプロフィールによると、Luckie氏は以前はTwitterとRedditのメディア担当幹部として働いていた。Facebookの広報担当者Anthony Harrison氏は、Luckie氏が2017年10月~2018年11月の間Facebookに勤務していたことを電子メールで認めている。

 Harrison氏は「われわれはこの数年間、世界中の人に使われる当社の製品やサービスの提供に関わる者の視野を広げようと尽力してきた」とし、「問題が報告されたり、小さな言動の積み重ねが見られたりした場合には、全従業員を完全にサポートしたいと考えている。真の包括的な企業になるために、できる限り努力していく」と述べている。

提供:Trisha Leeper/Getty Images
2018年のGLAAD Gala San Franciscoで登壇したMark Luckie氏
提供:Trisha Leeper/Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]