logo

「Windows 10」、複数の旧バージョンに累積アップデート

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2018年11月28日 10時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 月例パッチが公開される日ではないが、Microsoftが「Windows 10」の複数バージョンに累積アップデートを通じて大量のパッチを提供できないわけではない。Microsoftは米国時間11月27日、Windows 10の複数の旧バージョン向けに累積アップデートをダウンロード提供した。

 同社は27日、Windows 10のバージョン1803(April 2018 Update)、1709(Fall Creators Update)、1703(Creators Update)、1607(Anniversary Update)向けのアップデートを公開した。関連するKB番号ごとのさまざまなバグ修正やパッチは、Windows 10の更新履歴ページに列挙されている。

 27日に一連のパッチが適用されていないのが明らかなバージョンは、1809(October 2018 Update)だ。Computerworldが報じているように、Windows Insider Programの「Release Preview」リングのテスターらは先頃、バージョン1809の累積アップデートを入手している

 Microsoftは、一般ユーザー向けにWindows 10のバージョン1809をリリースして以来、ZIPファイルやマッピングされたドライブ、Intel製ディスプレイドライバなど、バージョン1809に既知の問題がいくつかあることを周知してきた。同バージョンでは、特定の形式のファイルを開くのに「Notepad」などのWin32アプリをデフォルトに指定できない問題や、「Windows Media Player」のシークバーが利用できない問題など、他の問題も起きている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]