logo

野原住環境、3Dパースでの360度VR作成サービス「CUBE ALOOK」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野原住環境は11月27日、空間トータルプロデュースサービス「CUBE(キューブ)」にて、3Dパースでの360度VR作成サービス「CUBE ALOOK(キューブアルク)」を開始する。

左:「CUBE ALOOK」での360度ビュー 右上:スマートフォンでの操作イメージ 右下:「CUBE」の3Dパース
左:「CUBE ALOOK」での360度ビュー 右上:スマートフォンでの操作イメージ 右下:「CUBE」の3Dパース

 CUBEは、主にマンション賃貸などの不動産事業主や、ホテルなどの商業施設を手掛けるデベロッパー向に、2017年11月よりサービスを開始。空間のデザイン・インテリアスタイル・カラーコーディネート提案を含む意匠設計、3Dパースの作成による完成イメージの共有、コスト・納期・施工性を設計段階から考慮し、収益性の高い物件の建築を目的としている。

 今回のCUBE ALOOKは、360度ビューができる3Dパースの提供により、提案する完成前の物件の空間を、さまざまな角度から見せることが可能となり、物件受注の後押しや入居募集、集客ツールとしても利用できる。

 URLやQRコードを、ウェブサイトや印刷物に掲載し、360度ビューでのバーチャルホームステージングや、バーチャル内覧が可能。住宅の場合は、家具や観葉植物を含めたトータルコーディネート、ホテルの場合は、全体コンセプトと客室のインテリアコーディネートなどを、完成前に確認できる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]