logo

NASAの火星探査機「InSight」が着陸に成功、最初の写真を送信

Amanda Kooser (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年11月27日 10時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米航空宇宙局(NASA)は米国時間11月26日、火星探査機「InSight」の着陸に成功し、また宇宙に新たな歴史を刻んだ。これで、地球から遠く離れたInSightの新しい故郷の様子が分かる。

 InSightは着陸して間もなく、火星から最初の画像を送信してきた。火星の謎に満ちた光景を写した画像で、遠くには地平線が写っている。また、機体の一部と、カメラを覆うダストカバーに付着した黒い粒子の塊らしき物が見える。

 InSightのミッションが目指す目標は火星の地下の見えないところにあるが、ナビゲーションと危険回避のためのカメラを2台装備している。そのうちの1台、「Instrument Deployment Camera」(IDC)はアームに取り付けられており、周囲の景色のフルカラー映像を撮影できる。

 もう1台の「Instrument Context Camera」(ICC)は、魚眼レンズを備えたカメラで、機体の正面に搭載されており、InSightの作業スペースの様子を撮影できる。最初の画像を送ってきたのは、このICCだ。

 やがてカメラを保護しているダストカバーが2台のカメラから外れれば、さらに鮮明な景色の映像が得られるだろう。

 InSightは火星の内部深くを調査することになっており、そこにはモグラ状の機器を使って地面に穴を掘り、火星の温度を計測することも含まれる。NASAは火星や地球のような岩石惑星の成り立ちについて、さらに多くの知識が得られることを期待している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]