logo

欧州のアマゾンの倉庫従業員らがブラックフライデーの日に抗議

Michelle Meyers (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年11月26日 10時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブラックフライデー(感謝祭翌日の金曜日)は、小売業者が利益を上げ、黒字を期待する日だ。Amazonは、小売業界のこの重要な日にEコマースの急成長を推進する立役者となっている。

 しかし欧州の倉庫で働くAmazonの従業員らは、2018年のブラックフライデーで、そうした明るいニュースとは異なるメッセージを伝えた。

 スイスを拠点とする労働組合の国際組織UNI Global Unionが、欧州の複数の労働組合を代表して公開したプレスリリースによると、英国、スペイン、イタリア、ドイツの組合労働者が、各地で抗議とストライキを繰り広げた。Amazonの危険で高圧的な職場文化と、「労働組合に対抗する攻撃的な行為」に抗議したという。

 英国の労働組合GMBのTim Roache事務総長は声明で、「Amazonに勤務するわれわれの組合員は、率直に言って非人間的な環境で働いている。骨を折り、意識を失い、救急車で運び出されている」と述べた。「もうたくさんだ。これらの従業員をロボットではなく人間として扱ってほしい」

 Amazonはこうした主張に反論し、自社を「安全で好意的な」労働条件を提供する「公正で責任ある雇用主」だとした。

 同社の広報担当者は声明で、「当社のネットワーク全体にわたる継続的な改善と、従業員との開かれた直接的な対話を維持することを信条としている」とし、「Amazonは欧州で2010年以降、270億ユーロ(約3兆4000億円)を投じて、7万5000を超える常勤の職を創出してきた。それらは、他よりも好条件の給与、充実した福利厚生、『Career Choice』などの革新的な研修プログラムが提供される良い職だ」と述べた。

 労働組合幹部らは、終日約2600人の従業員が抗議に参加すると予測していた。Amazonは、欧州のフルフィルメント業務は完全に稼働しており、機能していないとする報道は「まったくの誤り」だと述べた。

 2017年のブラックフライデーにも、「Strike Friday」(ストライキフライデー)として、同様の抗議が展開されていた。

Amazon
提供:Lizzy Burt

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]