logo

「Microsoft Azure」と「Office 365」、多要素認証の障害でログイン不能に

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年11月20日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Microsoft Azure」と「Office 365」を利用している世界各地の多くのユーザーは米国時間11月19日、ほぼ丸1日にわたってアカウントにサインインできない状況に陥っている。Microsoftによると、多要素認証(MFA)まわりでの障害が発生したという。

 Office 365サービスの稼働状況を知らせるページによると、影響を受けるユーザーはMFAを用いたサインインができない可能性があり、セルフサービスによるパスワードリセットもできない可能性があるという。

 同ページによると、AzureとOffice 365のMFAサービスの障害は、協定世界時(UTC)の19日午前4時39分に発生したという。

 Azureのエンジニアらは米国東部時間の19日正午頃、ホットフィックスをデプロイしたものの、問題の原因に効果を発揮するまでに時間がかかり、特に欧州とアジア太平洋地域ではそれが顕著だと報告していた。もっともホットフィックスにより、認証エラーの数は減少していると述べていた。

 米国東部時間の19日の16:30にAzureの稼働状況を知らせるページを確認したところ、すべてのサービスの稼働が正常に戻ったようだ。また、Office 365サービスの稼働状況を知らせるページには以下のように記されていた。

 直近のMFAリクエストは適切に処理されていることを確認しており、この問題が再び発生しないよう、同環境に対する追加の対策に取り組んでいる。この問題を引き起こした真の原因についての調査を続行しており、今後も最優先で取り組んでいく。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]