logo

ディズニー、スマホで操作するARキャラクタ「PuppetPhone」--画面内を走る、飛ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Walt Disneyの研究機関Disney Researchは、スマートフォンのカメラ越しに見える現実世界と連動して動き回れる拡張現実(AR)キャラクタを生成し、リアルタイムに操作する技術「PuppetPhone」を開発した。

スマホで操作するARキャラクタ(出典:Disney Research)
スマホで操作するARキャラクタ(出典:Disney Research)

 PuppetPhoneは、あたかもスマートフォンのカメラから伸びる棒の先に取り付けた人形を動かすように、画面内のARキャラクタを制御できる。「MotionStick」と呼ぶ既存技術を応用しており、スマートフォンを動かしてカメラの向きを変えると、それに応じてキャラクタも移動する。

棒の先に取り付けた人形を操作するイメージ(出典:Disney Research)
棒の先に取り付けた人形を操作するイメージ(出典:Disney Research)

 ARキャラクタはスマートフォンの動きに反応し、ゆっくり動かせば歩き、速く動かせば走る。キャラクタをジャンプさせたり屈ませたりすることも可能だ。

スマートフォンの動きに応じてキャラクタが動く(出典:Disney Research)
スマートフォンの動きに応じてキャラクタが動く(出典:Disney Research)

 現実の玩具を手に持って遊ぶのと同様の操作感が得られ、玩具と仮想キャラクタのあいだに存在するギャップを埋められるという。

PuppetPhoneの紹介ビデオ(出典:Disney Research/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]