logo

「Raspberry Pi」に新モデル「Raspberry Pi 3 Model A+」が登場

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年11月16日 11時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Raspberry Pi財団は、「Raspberry Pi 3 Model A+」を発表した。以前からある現行の低価格版「Raspberry Pi 1 Model A+」に、いくつか大きな改良を施している。

 初代「Model A」の後継モデルとして2014年11月に発表された現行の「Model A+」は旧式化しつつあった。2014年版の「Model 1 A+」は現在もModel Aと同じシングルコアチップセットを採用している。

 現地時間11月15日にリリースされた新しいPi 3 A+は、2018年に入ってリリースされた「Raspberry Pi 3 Model B+」と同じクアッドコアシステムのチップを新たに採用している。SoCはBroadcomの「BCM2837B0」で、CPUは64ビットの1.4GHzクアッドコア「Arm Cortex-A53」だ。

 仕様がアップグレードされたにもかかわらず、Pi 3 A+の価格は25ドル(約2800円)に抑えられ、2倍のメモリを積んでいるRaspberry Pi 3 Model B+より10ドル(約1100円)安い。

 機能面でModel B+との大きな違いの1つは、Pi 3 A+にはEthernetポートがなく、USBポートも1つしかないことだ。

 ポートを絞り込んだことでフォームファクタの小型化が可能になった。Raspberry Pi Zero」と同様、新しいPi 3 A+も512MバイトのRAMを搭載しており、これは2014年モデルがリリースされた当時のRAMの2倍の容量だ。旧A+は、2016年にRAM容量が2倍になった。

 一貫性を確保するため、Pi 3 A+の機械的な占有面積は2014年のModel A+から変更がなく、サイズは65mm×56.5mmで、GPIO(汎用入出力)ヘッダも同じく40ピンだ。

 Pi 3 A+は2.4GHzと5GHzのIEEE802.11acデュアルバンド無線LAN、Bluetooth 4.2に対応する。

 HDMI 1.3ポートは1080pのモニタやテレビをサポートし、電源用Micro USBコネクタ、4極のステレオ音声出力、コンポジットビデオジャックを備える。

提供:Raspberry Pi Foundation
提供:Raspberry Pi Foundation
提供:Raspberry Pi Foundation
機能面でModel B+との大きな違いの1つは、Pi 3 A+にはEthernetポートがなく、USBポートも1つしかないことだ。
提供:Raspberry Pi Foundation

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]