logo

「Firefox」デスクトップ版、データ流出したサイトを閲覧時に警告へ

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年11月16日 11時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaは米国時間11月14日、デスクトップ版「Firefox Quantum」に新機能を追加すると発表した。過去12カ月以内にデータ流出が報告されたウェブサイトを閲覧した場合、通知をポップアップ表示する。これにより、ユーザーは自分のアカウントを確認すべきかどうかを判断できるようになる。

 Mozillaが9月に公開した「Firefox Monitor」サービスとも連携する。同サービスは、自分の電子メールアドレスがデータ漏えいの影響を受けたかをチェックできるというもので、セキュリティ専門家Troy Hunt氏の運営する「Have I Been Pwned」をベースとしている。

 MozillaのFirefox担当バイスプレジデントであるNick Nguyen氏はこう説明する。「Firefox Quantumブラウザを使用時、データ流出の影響を受けたサイトを訪れると、通知が表示される。ユーザーはそのアラートをクリックして、Firefox Monitorにアクセスし、電子メールアドレスをスキャンして、自分がそのデータ流出の影響を受けたかどうかを確認できる」。

 また、MozillaはFirefox Monitorを日本語を含む26言語に対応させた。

 「素晴らしいボランティアたちを含むMozillaコミュニティーがこれを実現するために、われわれに協力してくれた。彼らがいなければ、この偉業を達成することはできなかっただろう」(Nguyen氏)

Firefox
提供:Stephen Shankland/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]