logo

スターバックス、「Uber Eats」や「LINE」と連携--事前注文も可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スターバックス・コーポレーションは11月8日、日本市場において売上および、利益成長を加速し、顧客体験の価値向上を進めるための複数の取り組みを発表した。

 11月9日から「Uber Eats」を導入し、ビバレッジやフードなどを直接届けるデリバリーサービスを開始する。まずは新宿2店舗、六本木1店舗の東京都内の全3店舗においてトライアルを開始し、2年間で拡大を目指すという。

 また、LINEと2019年上半期に包括的な戦略的提携を進めることも発表。2019年前半から日本全国に7800万人以上いるLINEユーザーに情報を提供していくという。

 さらに、2019年中には米国を含む数カ国で導入している「モバイル・オーダー・アンド・ペイ」のテスト導入を開始。これにより、モバイルデバイスから注文した後、列で待つことなく、注文した商品を店舗で受け取れるようになるとしている。

 スターバックスは日本でビジネスを開始して22年が経過し、現在全国47の都道府県で1392店舗を運営。店舗数では、世界4番目の規模の市場になるという。今回発表した取り組みなどによって、今後3年にわたり年間100店舗の新規店舗をオープンし、2021年末までに1700店舗を目指すという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]