logo

新「Apple Pencil」のワイヤレス充電はQi規格に対応せず--アップルが認める

Tiernan Ray (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年11月08日 11時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1万4500円(税別)を払ってAppleの新しい「Apple Pencil」スタイラスを購入する前に知っておくべきことがある。同社によれば、この製品はワイヤレス充電規格「Qi」をサポートしないという。

 米ZDNetが問い合わせたところ、Appleの広報担当者は新型Apple PencilがQiをサポートしないことを認めた。これを充電する唯一の方法は、同デバイスを「iPad Pro」の側面に装着することだ。同製品がQiをサポートしない理由について、Appleはコメントしなかった。

 Apple Pencil(第2世代)と新型iPad Proは、Appleが先週ニューヨーク市で開催したメディアイベントで発表された。新しいPencilを利用できるのは新型iPadだけで、以前のバージョンのiPadはサポートの対象外だ(初代Apple Pencilは今でも販売されており、旧iPadで利用できる。価格は税別1万800円)。

 第2世代Apple Pencilのワイヤレス充電は、初代製品のキャップの下に搭載されていた「Lightning」コネクタに取って代わるものだ。初代Apple Pencilを充電するには、キャップを外してコネクタを「iPad」のLightningポートに差し込む必要があった。

 Qi対応のワイヤレス充電パッドは多くのベンダーから入手可能で、2017年の「iPhone X」および「iPhone 8」以降の全ての「iPhone」を充電することができる。Qiは業界団体Wireless Power Consortium(WPC)が策定したワイヤレス充電の規格だ。

 新しいApple Pencilを新型iPad Proの側面の特定の位置に装着すると、iPad Proはワイヤレス充電システムを使ってApple Pencilを充電するが、この充電システムはQiとは異なるようだ。TechCrunchはその充電システムについて、有意義な説明を展開している。

 AppleはiPhone、「AirPods」ヘッドホン、および「Apple Watch」向けに、Qiに対応する独自の充電パッドを提供する計画を2017年に明らかにした。そのデバイスはまだ発売に至らず、現在では2019年に登場すると予想されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]