logo

郵便配達ロボットが道を行く--ノルウェー郵政社がサービス提供を計画

MARK SERRELS (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年11月08日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人はロボットに仕事を取られることを考えるとき、人工知能(AI)や人間の限界を超越する新たなテクノロジを思い浮かべるものだ。

 おそらく「従来の郵便配達」を思い浮かべる人は少ないのではないだろうか。

 だがノルウェーの郵政サービスのPostenは、サンフランシスコとノルウェーにオフィスを構えるスタートアップのBuddy Mobilityと提携契約を締結し、まさしく郵便を配達するロボットの提供を計画している。玄関まで届けてくれるわけではないのだが、それに近いかたちになる。

Buddy Mobility
提供:Buddy Mobility

 ロボットと言えるかもしれないが、車輪の付いている動く郵便ポストと言ってもいいかもしれない。

 Digital Trendsの報道によると、このロボットは時速6kmで、1日に100の配達先に郵便小包を配達できるという。それほど高性能ではないようだが、悪くもないだろう。

 Buddy Mobilityの公式ページでは、今回の提携契約により、Postenは「経費削減と収入減の補填」ができ、郵便量を「劇的に」減らすことができると述べられている。

 このロボットはじかに家まで郵便を配達してくれるわけではなく、代わりに受取人にアプリを通じて通知を送る。受取人は家の近くまで来ているロボットのところへ歩いて行き、郵便物を受け取る。配達後、Postenのロボットは快活に郵便局へ戻り、再充電されるという流れだ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]