logo

15インチ「MacBook Pro」、さらに高速な「Radeon Pro Vega」を選択可能に

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2018年10月31日 10時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間10月30日、「MacBook Air」と「iPad Pro」の新モデルを壇上で売り込んだが、その裏でひそかに「MacBook Pro」15インチモデルのアップデートを告知していた。同モデルのディスクリートGPUのオプションとして、現在選択できるAMDの「Radeon Pro 560X」のほかに、「Radeon Pro Vega 20」と「Radeon Pro Vega 16」が加わる。

 ただし、これらの新GPUをオプションで搭載したモデルの出荷は11月下旬になる。それぞれの追加費用はまだ明らかになっていない。

 Appleによると、グラフィックス性能が大幅に高速化し、Radeon Pro 560Xよりも最大60%速くなるという。

提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]