logo

「iOS 12.1」提供開始、最大32人の「グループFaceTime」や新しい絵文字など

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年10月31日 06時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間10月30日、「iOS 12.1」を「iPhone」と「iPad」向けにリリースした。同日、AppleはiPadと「Mac」の最新版を発表している。iOS 12.1では、「グループFaceTime」を利用して最大32人の友人とビデオ通話ができるようになる。また、動物のラマ、ハートマーク付きの顔、ソフトボール、スケートボードなど、70種類以上の新しい絵文字が送れるようになる。新しい絵文字は、無料のソフトウェアアップデートにより「Apple Watch」とMacにも搭載される。

提供:Apple
iOS 12.1ではグループFaceTimeが使えるようになる
提供:Apple

 「iOS 12は、信じられないほど好調なスタートを切った」と、Appleの最高経営責任者(CEO)を務めるTim Cook氏は、ニューヨークのブルックリンで開かれた報道陣向けイベントの壇上で述べ、この新OSが既にiOS端末の60%にインストールされているとした。

 グループFaceTimeは、話している相手を自動的に検知し、その相手の画像を拡大表示する。話をしていない参加者は、話をするまで画面の最下部に表示される。特定の参加者の動画を大きく表示したい場合は、タップして前面に持ってくることができる。また「メッセージ」アプリと統合されているので、「iMessage」のグループチャットから直接グループFaceTimeの通話を開始できる。

 また、「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」は、iOS 12.1のダウンロードによってデュアルSIM対応となる。そのほか「進化した深度セグメンテーション」がポートレートモードに加わり、写真のボケ効果をさらに調整できるようになる。

 Appleは、ハードウェアが最もよく知られているかもしれないが、実際にはハードウェアとソフトウェアのシームレスな統合が、競合他社と一線を画す同社の強みだ。自社製品のすべての側面を制御できるという、 Steve Jobs氏とSteve Wozniak氏が42年前にAppleを創設した時から続く同社の能力が、ハイテク業界の最有力企業であるAppleの主要な要素となっている。同社のモバイルOSであるiOSは毎年刷新され、最新スマートフォンの発売に合わせてリリースされている。

iPhone
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]