logo

新型MacBook Air登場--Retinaディスプレイ搭載、税別13万4800円から

山川晶之 (編集部)2018年10月30日 23時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは10月30日(現地時間)、ニューヨークにあるBrooklyn Academy of Musicにてスペシャルイベントを実施し、新型MacBook Airを発表した。価格は、1199ドル(国内価格は税別13万4800円)からとしており、本日より予約受付を開始。11月7日に発売するとしている。

キャプション
新型MacBook Air

 400万ピクセルを誇る13.3インチのRetinaディスプレイ(2560×1600ピクセル)を搭載し、色域は48%拡大。さらにキーボードにTouch IDを搭載し、Apple Payでも支払いに利用可能。セキュリティチップ「T2」プロセッサを搭載し、Siriの常時応答が可能となった。なお、MacBook Proに搭載されているTouch Barは実装されていない。

キャプション
13.3インチRetinaディスプレイを搭載
キャプション
キーボードの右上にTouch IDを搭載
キャプション
MacBook Airの特徴

 バタフライキーボードは第三世代を採用し、これまでのモデルと比べて4倍の耐久性を実現。感圧タッチトラックパッドは20%エリアを拡大した。スピーカも強化され、25%の出力向上、2倍の低域拡大を実現したという。また、USB-C端子は2基搭載し、Thunderbolt 3に対応。「Blackmagic eGPU」などの外部GPUを接続できるようになった。

キャプション
トラックパッドは20%拡大、スピーカも強化された
キャプション
USB-Cは2ポート

 CPUは第8世代のIntel Core i5(1.6GHz/最大3.6GHz、デュアルコア)を採用。メモリは最大16Gバイト、ストレージは最大1.5Tバイトを搭載できる。バッテリ駆動時間は12時間としている。MacBook Air 13インチモデルより17%小型化されており、重さも100g軽い約1.25kgと軽量化されている。

キャプション
前モデルのMacBook Airより17%小型化

 ボディカラーは、ゴールド、シルバー、スペースグレイの3種類。材質は、すべて100%再生アルミニウムを使用しているという。

キャプション
ボディカラーは3種類

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]