logo

新型iPad Pro登場--Face ID搭載でフルスクリーン化、Apple Pencilもリニューアル

山川晶之 (編集部)2018年10月31日 00時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは10月30日(現地時間)、ニューヨークにあるBrooklyn Academy of Musicにてスペシャルイベントを実施し、新型iPad Proを発表した。同日より予約受付を開始し、11月7日に発売する。

キャプション
新型iPad Pro
キャプション
11インチはサイズそのまま大型化。12.9インチはディスプレイそのままボディを小型化した

 iPad Proでは、Touch IDの代わりにFace IDを採用し、フルスクリーンデザインを実現。ディスプレイの縁部分に、7メガピクセルカメラ、深度カメラ、環境光センサ、ドットプロジェクタを搭載する。なお、iPhone XS/XS Maxのようにノッチタイプにはなっていない。

 ディスプレイは、iPhone XRと同じLiquid Retinaディスプレイを搭載。10.5インチモデルは本体サイズそのままに11インチにディスプレイを大型化。12.9インチモデルは、画面サイズそのままに本体を小型化した。また、厚みは6.9mmから5.9mmに薄型化されている。

 ストレージは64Gバイトから1Tバイトまでをラインアップ。価格は11インチモデルが799ドル(国内価格は税別8万9800円)から、12.9インチモデルは999ドル(同11万1800円)からとなる。また、前モデルの10.5インチも649ドル(同6万9800円)で併売する。

キャプション
iPad Proは新機種2モデルに旧機種1モデルの3モデルをラインアップする

 CPUはA12X Bionicを搭載。7nmプロセスルールを採用し、パフォーマンスを向上させつつ省電力化を実現。CPUは8コアとなり、シングルコアで35%高速化、マルチコアで90%の高速化を実現。GPUは7コアとなり、前世代と比べて2倍高速化。また、ニューラルエンジンも強化され、毎秒5兆回の演算処理が可能となった。

 リアカメラには、F値1.8の12メガピクセルカメラを搭載し、スマートHDRの撮影に対応。最大4K/60fpsの動画撮影や、1080p/120fps、720p/240fpsのスローモーションも撮影できる。高速なA12X Bionicプロセッサと組み合わせ、ARにも最適だとしている。

キャプション
新型iPad Proのスペック詳細

 今回、Lightningポートに代わり、USB-Cポートを初搭載。カメラや音楽機材などとも接続できるようになったほか、Lightning-USBCケーブルを使うことで、iPhoneの充電も可能だ。バッテリ駆動時間は10時間となっている。

キャプション
USB-Cポートを搭載し、iPhoneの充電も可能となった

 さらに、新しいApple Pencilも発表。前モデルでは、充電する際にiPadのLightning端子に直接挿す必要があったが、新モデルでは強力なマグネットで新型iPad Proと合体。ワイヤレス充電に対応しており、装着したままでの充電とペアリングが可能となった。そのほか、2つの角度が選べるようになった新型Smart Keyboard Folioも登場した。価格は、Apple Pencilが税別1万4500円、11インチ用キーボードが税別1万9800円、12.9インチ用が税別2万2800円となっている。

キャプション
新型Apple PencilはiPadにくっついたまま充電とペアリングが可能となった
キャプション
新型Smart Keyboard Folio

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]