logo

日本郵便、ドローンで郵便局間輸送を開始--目視外飛行の承認は日本初

西中悠基 (編集部)2018年10月30日 17時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本郵便は10月30日、ドローンによる郵便局間輸送を福島県で開始すると発表した。

 ドローンが飛行するのは、福島県南相馬市の小高郵便局と、福島県双葉郡浪江町の浪江郵便局の間、約9km。2kg以内の荷物などを積載し、地面から60m以下の高度を、時速約54km以下で飛行する。

ドローンの飛行経路
ドローンの飛行経路

 今回の輸送においては、ドローンの飛行に関する補助者は配置せず、ドローンは目視外飛行の状態となる。日本郵便は輸送開始に先立ち、補助者なしによる目視外飛行の承認を、日本で初めて得ている。

 ドローンの飛行予定は、11月7日以降の毎月第2・第3火曜~木曜日9:00~16:00。1日最大2往復飛行するとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]