logo

「OnePlus 6T」登場--画面で指紋認証、デュアル背面カメラ搭載

Matthew Miller (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年10月30日 08時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OnePlusは2018年に入り、スマートフォン「OnePlus 6」をリリースした。OnePlus 6は、Googleやサムスン、Appleの最新スマートフォンの半分強の価格で、最先端の機種と同等のエクスペリエンスを提供する。同社は同じ年の後半にTシリーズのスマートフォンを発表することを常としており、「OnePlus 6T」を米国時間10月29日に発表した。

 OnePlusはまたしても基本モデルの仕様の上限を押し上げており、6Gバイトまたは8GバイトのRAMを備えるとともに、画面に指紋認証機能を搭載する。

仕様

  • プロセッサ:Qualcomm「Snapdragon 845」
  • ディスプレイ:6.41インチ、2280×1080ピクセル解像度、アスペクト比19.5:9のAMOLED画面
  • OS:「OxygenOS」(「Android 9.0 Pie」をベースとする)
  • RAM:6Gバイト/8Gバイト
  • 内蔵ストレージ:128Gバイト/256Gバイト
  • カメラ:1600万画素f/1.7と2000万画素f/1.7のデュアル背面カメラ、1600万画素f/2.0の前面カメラ
  • 無線技術:802.11 a/b/g/n/ac WiFi、Bluetooth 5.0、NFC
  • バッテリ:3700mAhで高速充電機能付き
  • サイズと重さ:157.5×74.8×8.2mm、185g
  • カラー:ミラーブラック/ミッドナイトブラック
提供:Image: OnePlus
提供:Image: OnePlus

 OnePlus 6Tには、ディスプレイ最上部に前面カメラ用の小さなノッチがあり、見た目は2017年の「Essential Phone」によく似ている。

 OnePlus 6Tでは低光量時に高画質の写真を撮影することに重きを置いており、「Nightscape」モードを初めて搭載している。

 OnePlus 6Tは11月1日に発売予定。価格は、最小構成となるRAMが6Gバイト、内蔵ストレージが128Gバイトのモデルが549ドル(約6万1700円)、最大構成となるRAMが8Gバイト、内蔵ストレージが256Gバイトのモデルが629ドル(約7万700円)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]