logo

グーグル、画像内に写ったものをAIが特定する「Google Lens」--画像検索で利用可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、人工知能(AI)で画像内にあるものが何であるか特定する「Google Lens」機能を、画像検索サービスでも段階的に提供開始した。

Google Lensが画像検索で利用可能に(出典:Google)
Google Lensが画像検索で利用可能に(出典:Google)

 Google Lensは、これまで「Google Assistant」「Google Photo」などのスマートフォン用アプリ向けに提供してきた機能。写真に写っている被写体を解析し、どのようなものであるかを答えてくれる。たとえば、有名な建築物、犬や花の種類、さまざまな製品などを識別できる。

 今回の対応により、検索結果に表示された画像でLens機能が利用可能になった。結果一覧からリビングルームの写真を選び、Lensボタンをタップすると、識別可能な対象物にはドットが表示される。このドットをタップすると、対象物に類似したものの情報が表示される。製品名を調べたり、販売している店舗や通販サイトを見つけたりできるだろう。

気になる自転車を調べる(出典:Google)
気になる自転車を調べる(出典:Google)

 画像内の特定領域を囲って指示し、その内部にあるものの情報を調べることも可能。

似た家具が探せる(出典:Google)
似た家具が探せる(出典:Google)

 現在のところ、識別可能なことを示すドットの表示される対象物は製品が中心。数カ月かけて、ランドマークや動物、植物などへ対象を広げる。

 また、現時点で画像検索のLens機能が利用可能なのは、米国ユーザーがモバイル版画像検索を英語環境で実行した場合のみ。Googleは、ほかの国、言語などでも順次提供していく予定。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]