logo

「Snap Camera」公開、Snapchatの「レンズ」をPC上の動画にも--Twitchと連携も

Gordon Gottsegen (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ) 編集部2018年10月29日 10時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「レンズ」が「Snapchat」の最も楽しい要素であることは間違いない。Snapは今回、スマートフォンやSnapchatのアカウントを持っていない人でも、レンズを使用できるようにした。

 Snapは米国時間10月26日、スタンドアロンのPC用アプリ「Snap Camera」を発表した。Snap Cameraを使うと、接続式または内蔵型のカメラを備えたコンピュータでエフェクト「レンズ」を利用できる。多数の種類のSnapchatレンズを選択でき、Appleの「Photo Booth」が強化されたかのようだ。

 Snap Cameraの用途は、面白い写真や動画を撮ってコンピュータに保存するだけではない。カメラの出力にSnap Cameraフィードを選択することにより、サードパーティーのPC用アプリケーションでSnapchatレンズを利用できる。つまり、「Skype」や「Google Hangouts」でビデオチャットをしながら、Snapchatレンズを選んで利用できるということだ。あるいは、レンズを有効にしたままYouTube動画を撮影することもできる。

 Snapはまた、ライブストリーミング配信サービスのTwitchと連携し、配信者がライブストリーム中にSnapchatのレンズを使えるようにするほか、Twitchの配信者や視聴者がカスタムの「Twitch Lenses」を利用できるようにすることも発表した。

 Snapによると、PC上でSnap Cameraを使うのにSnapchatアカウントは不要だという。Snap Cameraはsnapcamera.snapchat.comでダウンロードできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]