logo

Facebookが「Messenger」のデザインを刷新、シンプルさを追求

翻訳校正: 編集部2018年10月24日 08時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソーシャルメディア大手のFacebookが、メッセージアプリ「Messenger」のデザインを刷新した。シンプルさを追求したインターフェースになっている。

 Facebookは米国時間10月23日、Messengerの新バージョンを発表した。同社によると、操作がより容易になったという。以前は9つのタブが並んでいたが、今は「Chats」「People」「Discover」の3つだけになっている。

提供:Facebook
提供:Facebook

 Chatsタブには、友達やグループからのメッセージがそのストーリーとともに表示される。ストーリーとは、ユーザーが投稿した動画や写真がアプリの最上部に表示され、24時間以内に消えるという機能だ。Peopleタブにはストーリーに加えて、誰がオンライン状態であるかが表示される。最後のDiscoverタブでは、NikeやSephoraなどの企業とチャットしたり、ゲームをプレイしたりすることができる。

 「Messenger 4」と名付けられたこの新バージョンのアプリには、最上部にカメラボタンがあり、簡単に自撮りができるようになっている。また、チャットバブルの色を自分の気分に合わせて、ピンク、黄、オレンジ、緑などの色に変更することができる。Facebookはさらに、スマートフォンのグレア(まぶしさ)を抑えた「ダークモード」を追加する計画だという。

 Facebookは、「WeChat」や「LINE」など類似のインスタントメッセージサービスに対抗して、ゲーム、モバイル決済、ビデオチャットなどの機能をMessengerに追加してきた。しかし、そうした新機能の追加により、同アプリの操作がユーザーにとって難しくなっていると、Facebookの幹部らは述べた。

 Facebookは、Messengerの新しいロゴも発表した。Messengerの新バージョンは、数週間のうちに世界中でリリースされる予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]